ダンテ

1 - 20 ( 29 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


およそ人の天に生きんとて地に死ぬるを悲しむ者は、永劫の雨のさわやかなるをいまだかしこに見ざる者なり。

ダンテ 「神曲-天堂編一四曲」


この幸なき状にあるは、恥もなく、名誉もなく世を送れる者らの悲しき魂なり。彼らにまじりて神に反抗するにあらず、また忠なりしにもあらず。

ダンテ 「神曲-地獄編」


こよなき悲しみは、われらを再び神に結ぶ。

ダンテ 「神曲-浄火編二十三曲」


これ善は、その善なる限り、知らるるとともに愛を燃やし、かつその含む善の多きに従いて、愛また大いなるによる。

ダンテ 「神曲-天堂編二十六曲」


すべてものの正しきは、これを和するのいかんによる。つくられし善のうち、これをおのがもとにひくもの一つだになし。この善光を放つがゆえに、その善生ず。

ダンテ 「神曲-天堂編十九曲」


わが生ける間は、われしきりに人を凌がんことを願望し、心これにのみ迎えるがゆえに、げに、かく譲るあたわざりしなるべし。

ダンテ 「神曲-浄火編十一曲」


わが血は嫉妬のために湧きたり。われもし、人の幸福をみたらんには、汝はわれの憎しみの色に覆わるるをみたりしなるべし。

ダンテ 「神曲-浄火編」


われはことばにて欺けるも、汝は貨幣にて欺けるなり、わがここにあるは、ひとつの罪のためなるも汝の罪は鬼より多し。

ダンテ 「神曲-地獄編三十曲」


われは悲しみの市への入口なり、われは永久なる悩みへの入口なり、われは滅びの民への入口なり、汝らここに入らん者、すべての望みを棄てよ。

ダンテ 「神曲-地獄編」


キリスト、キリストと呼ばれる人にて、審判のときには、キリストを知らざる人よりも遠く彼を離るべき者多し。

ダンテ 「神曲-天堂編十九曲」


信仰とは望まるるものの基、みえざるものの証拠なり、しかしてこれ、その本質とみゆ。

ダンテ 「神曲-天堂編二十四曲」


初めはつねにむずかしといえども、人の登るに従いて、その労を少なうするは、これこの山の自然なり。

ダンテ 「神曲-浄火編四曲」


堕落の因は、汝の見しごとく宇宙すべての重さに圧されおる者の、のろうべき高慢なり。

ダンテ 「神曲-天堂編二十九曲」


女の愛なるものは、見ること、触るることによりてしばしば燃やされずば、いくばくも保つあたわざるを。

ダンテ 「神曲-浄火編八曲」


幸福なりし日を回想するより大いなる苦しみはなし。

ダンテ 「神曲-地獄編五曲」


御意はわれらの平和、その生み出せし自然のつくるすべてのものの流れ注ぐ海ぞかし。

ダンテ 「神曲-天堂編三曲」


心の働きの一部、悦びまたは憂いを感ずること深ければ、魂ことごとくここに集まり、また他の能力を顧みることなしとみゆ。

ダンテ 「神曲-浄火編四曲」


意志は、みずから願うにあらざれば滅びず、あたかも火が千度も強いて撓めらるとも、なお、そのなかなる自然の力をあらわすごとくなり。

ダンテ 「神曲-天堂編四曲」


憎しみを天に享くるすべての邪悪は、その目的非を行うにあり、しかして、いっさいのかかる目的は、あるいは力により、あるいは欺瞞によりて他を苦しむ。

ダンテ 「神曲-地獄編十一曲」


汝が汝の学べるところのものを顧みて、その教えのわがことばに伴うをうるや否やをみる。

ダンテ 「神曲-浄火編三三曲」


1 - 20 ( 29 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ