初恋 恋人
恋愛 結婚 男と女の愛
自己愛 博愛・人類愛 神の愛

1 - 20 ( 57 件中 )  [ / 1 2 3 / 次→ ]


わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。

「コリント人への第一の手紙-13章」


人から愛されない者は人を愛しえない。

ラヴァーター 「友情」


人は愛している限り許す。

ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」


友情は、つねに利をもたらすも、愛は害をもたらす場合もありうる。

セネカ 「書簡集」


地上のあらゆる生物 ― 人間も四足獣も家畜も鳥類も ― は、すべて愛の炎に駆り立てらる。愛はあらゆるものの帝王なり。

ヴェルギリウス 「農耕詩」


心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり、犠牲を云々するときには、それだけでもう真の愛ではなくなる。

カイベル 「青春詩集」


愛が主人であり、友情が訪問客であるあらゆる家庭は、まさに「楽しきわが家」と呼ぶにふさわしい。なぜなら、そういう家庭でこそ心の疲れが休まるからだ。

ヘンリー・ヴァン・ダイク


愛が大きければ心配も大きく、いささかなことも気にかかり、少しの心配が大きくなるところ、大きな愛もそこに生ずるというものだ。

シェイクスピア 「ハムレット-三幕二場」


愛すること、愛されること、それだけだ。それが掟だ。そのためにわれわれは存する。愛に慰められた者は、物をも人をも怖れない。

ボンサール 「小さな魅力」


愛とは、限りない寛容、些細なことから来る法悦、無意識な善意、完全な自己忘却である。

シャルドンヌ 「愛、愛よりも豊かなもの」


愛とは他人の運命を自己の興味とすることである。他人の運命を傷つけることを畏れる心である。

倉田百三 「愛と認識との出発」


愛とは何か、とお前はたずねる。たちこめる霧に包まれたひとつの星だ。

ハイネ 「新詩集」


愛と憎しみ、それはわれわれの生命の最も深い根底である。

フォイヒタースレーベン 「魂の養護学」


愛と憎しみはまったく同じものである。ただ、前者が積極的であり、後者が消極的であるにすぎない。

グロース 「犯罪心理学」


愛と死は神秘を秩序づけ、必ず神秘をこの世に残すもので、自然の二つの贈物です。

テスカ 「シモーヌ」


愛には苦痛に満ちた反応はない。

ヴィヴェカーナンダ 「カルマ・ヨーガ」


愛に恐怖なし、最上の道徳たればなり。愛に疑惑なし。最大の真理たればなり。愛に束縛なし、真箇の自由なればなり。

内村鑑三 「所感十年」


愛のある所には常に家族を成立せしめよ。愛のないところには必ず家族を分散せしめよ。この自由が許されることによってのみ、男女の生活はその忌むべき虚偽から解放され得る。

有島武郎 「惜しみなく愛は奪ふ」


愛の光なき人生は無価値である。

シラー 「語録」


愛の反対は憎しみではなく無関心である。

マザー・テレサ


1 - 20 ( 57 件中 )  [ / 1 2 3 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ