初恋 恋人
恋愛 結婚 男と女の愛
自己愛 博愛・人類愛 神の愛

41 - 57 ( 57 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / ]


愛は花冠に宿る露の滴りのごとく、清純な魂の闇底に宿る。

ラムネー 「信者のことば」


愛は遠くにあろうとも、いつもそこにある。星のように、とこしえに遠く、また近くに。

アルント 「生の近く」


愛よ、お前こそはまことの生命の冠、休みなき幸。

ゲーテ 「詩集」


愛を妨げるものは何もない。愛は戸口もかんぬきも知らず、すべてのものの中を貫いて通る。愛に初めなく、永久に羽ばたきをつづける。

クラウディウス 「詩」


愛情を受け取る人間は、一般的にいえば愛情を賦与する人である。

バートランド・ラッセル 「幸福の征服」


我々が物を愛するといふのは、自己をすてて他に一致するの謂である。

西田幾多郎 「善の研究」


春の太陽が輝けば、穀種ははじけずにはおられない。しかし、真の愛は世間が冷たくても花を開く。

ネーティヒ 「光と影」


本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、まさに愛をとおしてのみである。

プラトン 「神法十七」


水は偽わりの幸福のように流れ去るが、愛の潮は忠実に舞い戻って来る。

アルント 「詩」


求むるところなき愛、これがわれわれの魂に最も高い、いちばん望ましい境地である。

ヘッセ 「観想-魂について」


火が光の初めであるように、つねに愛が知識の初めである。

カーライル 「ゲーテの死」


真の愛は悪に対する憎悪を十分にふくむものである。仮面的の愛または浅き愛は、悪を憎むことを知らない。けれども深き真なる愛は、かくあることはできないのである。

内村鑑三 「ロマ書の研究」


真理への愛のみが、われわれをけっして裏切ることのない唯一の愛だ。

ローラン 「愛と死との戯れ」


知は愛、愛は知である。

西田幾多郎 「善の研究」


自然の愛はつねに誤らず、されど他はよからぬ目的または強さのすぐるか、足らざるによりて誤ることあり。愛第一の幸いをめざすか、ほどよく第二の幸いをめざす間は不義の快楽の因たるあたわず。

ダンテ 「神曲-浄火編一七曲」


誰からも愛されないのは大きな苦痛だ。誰をも愛することができないのは、生の中の死だ。

グリューンベルグ 「わがカード箱より」


謙譲な愛は、暴虐よりもずっと効果の多い怖ろしい力である。

ドストエフスキー 「カラマーゾフの兄弟」


41 - 57 ( 57 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ