プラトン

1 - 20 ( 22 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


あらゆる支配を免れし完全なる自由は、他の人々による節度を有せし支配に少なからず劣るなり。

プラトン 「法律」


われわれの現在の生は死であり、肉体はわれわれにとりて墓場なり。

プラトン 「ゴルギアス」


不正を非難する人とは、己れが不正をなすことを怖れて非難するにあらずして、不正を被らんことを怖れて非難するなり。

プラトン 「共和国」


人間のことはなににてあれ、大いなる心労に値せず。

プラトン 「共和国」


人類の暴君たる法は、本性に反する多くのことをなすべく、しばしばわれわれに強制す。

プラトン 「プロタゴラス」


仕事の最初が最も重要なり。

プラトン 「共和国」


俗衆の神々を否定することが冒涜にあらずして、俗衆の見解を神々に適用することが冒涜なり。

プラトン 「断片」


哲人が首長たり、首長が哲人たる国家は幸いなり。

プラトン 「国家論」


哲学は最高の文芸なり。

プラトン 「パイドン」


哲学者の全生涯は、まさに死にいたることと、その死を成就することとにほかならず。

プラトン 「パイドン」


子供はすべての動物のうちで最も取り扱いがたい。というのは、子供はまだ鍛練されていない思慮の泉をもっとも多くもつだけに、動物のうちで最もずるく、すばしこく、高慢であるからなり。

プラトン 「法律」


寡頭政治とは、財産の評価に依存する政府にて、そこで富者が権力を有し、貧者が力を奪い取られる。

プラトン 「共和国」


専制君主の懇願には強制がまじる。

プラトン 「書簡集」


専制君主の懇願には強制を伴う。

プラトン 「書簡」


少年たちの勉学を強制と厳格さによりて訓練せず、彼らに興味をいだかせるべく導くならば、彼らは心の張りを発見せん。

プラトン 「共和国」


少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

プラトン


徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり。

プラトン 「国家編」


恋する者の狂乱は、あらゆる狂乱の中で最も幸いなるものなり。

プラトン 「バイドロス」


戦争と極貧は国制の転覆を強制し、法律を改変す。

プラトン 「法律」


時は未来永劫の幻影なり。

プラトン


1 - 20 ( 22 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ