フランクリン

1 - 20 ( 34 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


あまりに寛容な法律はほとんど守られず、あまりに厳格な法律は励行されない。

フランクリソ 「貧しいリチャードのアルマナック」


どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできる…そしてたいていの馬鹿がそれをやる。

フランクリン


もろもろの悪行は、禁じられているがゆえに有害なのではなく、有害なるがゆえに禁じられている。

フランクリン 「自叙伝」


よい法律家は悪い隣人。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


わたしは、人の意見に真っ向から反対したり、自分の意見を断定的に述べないことにした。決定的な意見を意味するようなことば、たとえば、「確かに」とか「疑いもなく」などということばはいっさい使わず、その代わりに「自分としてはこう思うのだが…」とか「わたしにはそう思えるのだが…」ということにした。相手が明らかに間違ったことを主張しても、すぐそれに反対し、相手の誤りを指摘することをやめた。そして、「なるほどそういう場合もあるだろうが、しかしこの場合は、少し事情が違うように思われるのだが…」というぐあいに切り出すことにした。こうして、今までのやり方を変えてみると、ずいぶんと利益があった。人との話し合いが、それまでよりもよほど楽しく進む。控え目に意見を述べると、相手はすぐ納得し、反対する者も少なくなった。わたし自身の誤りを認めるのが大して苦にならなくなり、また、相手の誤りも、たやすく認めさせることができるようになった。

フランクリン


一つの党派が、その全体としての目的を達成するや否や、各党員は自己の個人的利益に熱中し、お互いに排除し、党を分裂させ、紛糾を大きくする。

フランクリン 「自叙伝」


一時的な安全をうるために永遠の自由を断念した人間は、自由も安全も受けるに値しない。

フランクリン 「語録」


三人の信頼するに足る友がある。老いたる妻、老いたる犬、それに貯金。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


人間の幸福は、稀にしかやって来ないような幸運の大きな部分によってつくられたのではなくて、日々生まれるわずかの利益によってつくられる。

フランクリン 「自叙伝」


人間は道具をつくる動物である。

フランクリン


今日の一つは明日の二つにまさる。

フランクリン 「語録」


今日は昨日の生徒である。

フランクリン 「語録」


借金する者は悲嘆にくれる。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


借金というものは、人を束縛し、債権者に対して一種の奴隷にしてしまうものである。

フランクリン 「自叙伝」


口論はだれにもできるゲームだが、双方とも決して勝てない奇妙なゲームだ。

フランクリン


幸福になるためには二つの道がある。欲望を減らすか、持物をふやすかである。どちらでもよい。

フランクリン 「自叙伝」


従順でない娘は取り扱いにくい妻である。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


怒りと愚行は相並んで歩み、悔恨が両者のかかとを踏む。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


愚行の第一段階は己れ自身の賢明さを隠匿することにあり、第二段階はそれを告白することであり、第三段階は忠言を侮ることである。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック」


損害は塵挨に書き、利益は大理石に書け。

フランクリン 「貧しいリチャードのアルマナック


1 - 20 ( 34 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ