マーク・トウェイン

1 - 12 ( 12 件中 ) 


なに者にもまして価値のある意見を吐く批評家は大衆である。

マーク・トウェイン 「一般回答」


人がいちばん鼻をかむのは、教会を除いたら葬式のときだ。

マーク・トウェイン 「ハックルベリィ・フィン」


人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる。

マーク・トウェイン


人の生涯で必要なすべては無知と信頼であり、そうすれば成功は保証される。

マーク・トウェイン 「1887年」


人間だけが赤面できる動物である。あるいは、そうする必要のある動物である。

マーク・トウェイン 「間抜けウィルソン」


人間の一生には、投機に手を出してはいけないときが二度ある。それができる余裕のないときと、それができるときが、すなわちそれだ。

マーク・トウェイン 「間抜けウィルソン」


文学・音楽・劇にみられる批評家の仕事は、あらゆる商売のうちで最も下卑なものである。

マーク・トウェイン 「自叙伝」


王たちはたいてい無頼漢だ。

マーク・トウェイン 「ハックルベリィ・フィン」


相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いたとおりに、相手が語ったことを再び語ることだ。

マーク・トウェイン


真実はわれわれが持ついちばん価値のあるものだ。それを経済的に使おう。

マーク・トウェイン 「ウィルソン」


立腹したら四つ数えよ。怒り狂ったら誓え。

マーク・トウェイン 「間抜けなウィルソンのカレソダー」


花野菜は大学教育を受けたキャベツである。

マーク・トウェイン 「断片」


1 - 12 ( 12 件中 ) 


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ