ローラン

1 - 20 ( 25 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


いちばん卑怯な暴君は、百万の卑怯者がいっしょになったときです。

ローラン 「魅せられたる魂」


三つの大きな性的異常のうち第一のもの「自愛」は個人に最も害を及ぼす。第二のもの「同性愛」は人類種族に最も害を及ぼす。第三のもの「近親同士の愛」は社会に最も害を及ぼす。

ローラン 「回想録」


人生はいくたびかの死と、いくたびかの復活とのひとつづきである。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。いっしょに栽培して、ともに収穫するのです。

ローラン 「魅せられたる魂」


今日の新聞・雑誌は嘘の巣窟だ。そして読者の十中八九までが、嘘にまるめこまれる可能性がある。

ローラン 「内面の旅路」


代議士は手当の増額にみずから投票する。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


善は、自分が犠牲になるのでなければ善ではない。勝利は、それがどんなものであっても悪だ。敗北は、それが自発的になされたのであれば、いかなるものでも善だ。

ローラン 「理性の勝利」


国家は祖国ではない。それを混同させるのは、それによって儲ける連中だけだ。

ローラン 「クレランボー」


女はなんと孤独なものだろう!子供以外には女を支えるものは何もない。そして子供さえ、女をつねに支えるには足りない。

ローラン 「魅せられたる魂」


女性の愛情は、天才を飼い馴らし、平準化し、枝を切り、削り、香りを付けることに専念する。そしてついには天才を、自分の感受性、小さな虚栄心、平几さ、自分たちの社交界の平凡さと同程度のものにしてしまう。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


幸福は世界のリズムの一瞬間であり、生の振子が往来する両極の一つである。その振子をとめるには、それを破壊するほかないであろう。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


弱者、あるいは弱くなっている人たちの貧血している生活は、神の信仰を必要とする!…だが、太陽と生命を自己の内部に有する人は、自己以外のどこに信仰を探しにいくことがあろうか。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


恋は決闘です。右を見たり、左を見たりしていたら敗北です。

ローラン 「魅せられたる魂」


愛は、それが自己犠牲であるときのほかは愛の名に値しない。

ローラン 「トルストイの生涯」


旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない。

ローラン 「魅せられたる魂」


男性は作品を創る。しかし女性は男性を創る。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


真実の生活に根ざす唯一の真の道徳は調和の道徳であろう。だが、人間社会は今日まで圧迫と諦めの道徳しか知らなかった。

ローラン 「魅せられたる魂」


真理への愛のみが、われわれをけっして裏切ることのない唯一の愛だ。

ローラン 「愛と死との戯れ」


知識人は政治家を軽蔑し、政治家は知識人を軽蔑する。

ローラン 「ジャン・クリストフ」


祖国の名において、富者は貧者を圧しつぶし、貧者は貧者同士喰い合い、人間の最良の力が空しくて殺伐な事業のために尽き果てるのです。

ローラン 「敗れしひとびと」


1 - 20 ( 25 件中 )  [ / 1 2 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ