臆病者

1 - 12 ( 12 件中 ) 


みずから敵の間へ躍りこんでいくのは、臆病の証拠であるかもしれない。

ニーチェ 「曙光」


勇断なき人は事を為すこと能はず。

島津斉彬 「斉彬公言行録」


卑怯者は、安全なときだけ威たけ高になる。

ゲーテ 「タッソー」


卑怯者は自己の過失の言い訳をし、いさぎよい人は必ずそれを人に告白する。

メレ 「格言」


夢中になつた羊は、もう決して羊ではない。臆病者は、服従に於て模倣するが如く、反逆に於ても模倣する。

大杉栄 「叛逆者の心理」


死を望むは臆病者の行為なり。

オヴィディウス 「書簡」


臆病なる犬は咬むことよりもはげしく吠ゆるものなり。

ルフゥス 「アレキサンドロフ大王の反攻」


臆病は残酷性の母である。

モンテーニュ 「随想録」


臆病者の恐怖は臆病者を勇敢にする。

フェルサム 「覚悟-臆病について」


臆病者は、本当に死ぬまでにいくたびも死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。

シェイクスピア 「ジュリアス・シーザー-二幕二場」


臆病者はしばしば野心家なのだから、彼は威厳のよろいとして権力を求める。というのは、他の人々の礼節、ましてや尊敬は、彼の悩みをねむらせてくれる香油なのだから。

アラン 「人間語録」


臆病者は残酷である。

ゲイ 「寓話」


1 - 12 ( 12 件中 ) 


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ