喜び

1 - 15 ( 15 件中 ) 


いかなる場合にても、喜び大ければ大なるほど、それに先立つ苦しみもまた大なり。

アウグスティヌス 「告白」


この世の喜びは完全ではない。喜びには苦しみの味がまじり、蜂蜜は苦汁を加えて調理される。

ロレンハーゲン 「蛙鼠合戦」


人は肯定においてよろこびを感じ、否定においてかなしみを感ずる。しかし真実のよろこびというものは深いかなしみの経験のないものには味わうことができない。

柳田謙十郎 「弁証法入門」


人生の悦びは、他の人々ができないことをなすことにある。

バジェット 「文学研究」


千の悦びも一つの苦しみに値しない。

ミケランジェロ 「語録」


喜びと節度と平穏は、医者に対して扉を閉ざす。

ローガウ 「格言詩」


喜びを人に分かつと喜びは二倍になり、苦しみを人に分かつと苦しみは半分になる。

ティートゲ 「ウラーニア」


天上の悦びは素朴である。というのは、それには平和が一杯あるからである。

ケムピス 「キリストのまねび」


思い出のうちに残っていないような喜びは、真の喜びではない。

ザンダース 「語録」


悦びがなんであるかは、元来、多くの苦しみを耐え忍んできた人のみが知っている。その他の人たちは、真の悦びとは似ても似つかない単なる快楽を知っているにすぎない。

ヒルティ 「新書簡-不幸」


悦びには悩みが、悩みには悦びがなければならない。

ゲーテ 「ファウスト」


悦びは人生の要素であり、人生の欲求であり、人生の力であり、人生の価値である。人間は誰でも、悦びへの欲求を持ち、悦びを要求する権利を有している。

ケップラー 「もっと悦びを」


歓びは自然を動かす強いバネ、歓びこそは大字宙の時計仕掛けの車を回すもの。

シラー 「歓びを歌う」


無作法な人はしばしば笑うが、けっして微笑しない。それに反して、躾のよい人々はしばしば微笑するが、けっして笑わない。

チェスターフィールド 「息子への書簡」


苦痛は短く、喜びは永遠である。

シラー 「オルレアンの乙女」


1 - 15 ( 15 件中 ) 


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ