ゲーテ

41 - 60 ( 81 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 / 次→ ]


幼児を抱いた母親ほど見る目に清らかなものはなく、多くの子に取り囲まれた母親ほど敬愛を感じさせるものはない。

ゲーテ


悦びには悩みが、悩みには悦びがなければならない。

ゲーテ 「ファウスト」


意志の力で成功しない時には好機の到来を待つほかない。

ゲーテ


愚者と賢者はともに害がない。半分の愚者と半分の賢者だけが、いちばん危険である。

ゲーテ 「親和力-二部」


愛よ、お前こそはまことの生命の冠、休みなき幸。

ゲーテ 「詩集」


愛人の欠点を美点と思わないほどの人間は、愛しているのではない。

ゲーテ 「格言と反省」


憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。したがって、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても怪しむに足りない。

ゲーテ 「格言と反省」


才能はひとりでに培われ、性格は世の荒波にもまれてつくられる。

ゲーテ 「格言と反省」


批判のできない本からしか、真に学びとるものはない。批評しうるような本は、われわれから学ぶべきである。

ゲーテ 「格言と反省」


新聞を読まなくなってから、私は心がのびのびし、実に気持ちがよいです。人々は他人のすることばかり気にかけて、自分の手近の義務を忘れがちです。

ゲーテ 「ミュラーへの書簡-1830」


時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸。

ゲーテ 「西東詩集」


検閲を用い、要求するのは権力者であり、言論の自由を求めるのは身分の低い人たちである。

ゲーテ 「格言と反省」


王様であろうと、百姓であろうと、自己の家庭で平和を見出す者が、いちばん幸福な人間である。

ゲーテ 「格言と反省」


現在は魅力ある女神なり。

ゲーテ 「タッソー四幕四場」


生の歓びは大きいけれども、自覚ある生の歓びはさらに大きい。

ゲーテ 「西東詩集」


男子は、婦人の占めうる最高の地位に婦人を置こうとしております。家庭の支配よりも高い地位がほかにありますか。

ゲーテ 「ヴィルヘルム・マイステル」


知恵の最後の結論は、こうだ、およそ生活でも、自由でも日々にこれをかちえて、初めてこれを享有する資格がある。

ゲーテ 「ファウスト-第二部」


神と自然から離れて行動することは困難であり、危険でもある。なぜなら、われわれは自然をとおしてのみ神を認識するのだから。

ゲーテ 「シュトラースブルグ時代の感想」


科学は全体としてつねに人生から離れる、ただ迂路をたどって再びそこへ還ってくる。

ゲーテ 「格言と反省」


空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない。

ゲーテ 「ゲーテ詩集」


41 - 60 ( 81 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ