1 - 13 ( 13 件中 ) 


これ善は、その善なる限り、知らるるとともに愛を燃やし、かつその含む善の多きに従いて、愛また大いなるによる。

ダンテ 「神曲-天堂編二十六曲」


すべてものの正しきは、これを和するのいかんによる。つくられし善のうち、これをおのがもとにひくもの一つだになし。この善光を放つがゆえに、その善生ず。

ダンテ 「神曲-天堂編十九曲」


もし善が原因を持っていたとしたら、それはもう善ではない。もしそれが結果を持てば、やはり善とはいえない。だから、善は因果の連鎖の枠外にあるのだ。

トルストイ 「アンナ・カレーニナ」


上善は水の若し。水は善く万物を利して争わず。衆人の悪む所に処る。故に道に幾し。

「老子」


他人に対して善行をなす者は、何よりも多く己れ自身に対して善行をなす。

セネカ 「断片」


善人だ、と人に言われる人間には、思慮分別なんかいらない。…利口者に善人なんぞいるわけはないのだ。

スタインベック 「二十日鼠と人間たち」


善行のために善をなす者は称讃を求めず、報酬を求めないでも、最後には、その二つともえられる。

ペン 「孤独の報い」


善行は、それに報いることができると思われるかぎり快く受け取られる。その限度を超えると感謝の代わりに僧悪が返ってくる。

モンテーニュ 「随想録」


愛してその悪を知り、憎みてその善を知る。

「礼記」


満開の花木の香の遠く吹きもたらされるがごとく、福業の香は遠く吹きもたらさる。

「マハーナーラヤナ・ウパニシャット」


源清ければ則ち流れ清し。

「荀子」


無限に善とみなされうるものはただひとつ、善なる意志にもなりえない。

シャロン 「知恵論」


無限に善とみなされうるものはただひとつ、善なる意志以外に、これを考えることはできない。

カント 「道徳形而上学の基礎」


1 - 13 ( 13 件中 ) 


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ