シェイクスピア

1 - 20 ( 50 件中 )  [ / 1 2 3 / 次→ ]


おお運命よ、運命よ、みなが汝を浮気者だという。

シェイクスピア 「ロメオとジュリエット-三幕三場」


やましい心には疑惧がつきまとうものだ。

シェイクスピア 「ヘンリー六世-三部五幕六場」


われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず。

シェイクスピア 「ハムレット-四幕五場」


人を邪道にひっぱり込むため、暗闇の手下どもが真実を言うことがある、わずかのまことでひっぱり込んでおいて深刻な結果で裏切るために。

シェイクスピア 「マクベス-一幕三場」


人生は不安定な航海だ。

シェイクスピア 「アテネのティモン-五幕一場」


人間とは、なんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう!…でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない。

シェイクスピア 「ハムレット-二幕二場」


俺のものはお前のもの、お前のものは俺のもの。

シェイクスピア 「しっぺ返し-五幕一場」


偉人には三種ある。生まれたときから偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人。

シェイクスピア 「断片」


口数の少ないのが最上の人。

シェイクスピア 「ヘソリー五世-三幕二場」


喜怒哀楽のはげしさは、その感情とともに実行力までも滅ぼす。悦びにふける者は、悲しみにもふけるが習い。ともすれば、悲しみが悦び、悦びが悲しむ。

シェイクスピア 「ハムレット-三幕二場」


外観というものは、いちばんひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾に歎かれる。

シェイクスピア 「ヴェニスの商人-三幕二場」


己れの子供を知るは賢い父親だ。

シェイクスピア 「ヴェニスの商人-二幕二場」


弱き者よ、汝の名は女なり。

シェイクスピア 「ハムレット-一幕二場」


彼ら十人、二十人の剣よりも、お前の目に千人の人間を殺す力がある。

シェイクスピア 「ロミオとジュリエットー三幕二場」


恋とは、いわば深い溜息とともに立ち昇る煙、きよめられては、恋人のひとみに閃く火ともなれば、乱されては、恋人の涙に溢れる大海ともなる。それだけのもので、大変分別くさい狂気、息の根もとまる苦汁かと思えば、生命を養う甘露でもある。

シェイクスピア 「ロミオとジュリエット-一幕一場」


恋は目で見ずに心で見る。だから絵にかいたキューピットは翼を持つが盲目で、恋の神の心には分別がまったくなく、翼があって目のないことは、せっかちで無鉄砲なしるしだ。そして、選択がいつも間違いがちだから、恋の神は子供だといわれている。

シェイクスピア 「真夏の夜の夢-一幕一場」


悲しみは慰めによって酬いられる。

シェイクスピア 「アントニオとクレオパトラ-二幕」


愉しみが終わるや、たちまち侮蔑の念を生じ、理も非もなく追い求むれど、思いをとぐれば、たちまち理も非もなく憎むにいたる。

シェイクスピア 「ソネット-肉欲」


愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿者になれ。

シェイクスピア 「十二夜-一幕五場」


愚者は己れが賢いと考えるが、賢者は己れが愚かなことを知る。

シェイクスピア 「お気に召すまま-五幕一場」


1 - 20 ( 50 件中 )  [ / 1 2 3 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ