人生

生死 運命 幸運・不運
幸福・不幸 成功 失敗

81 - 100 ( 127 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 / 次→ ]


人間は樹木の葉のごとく、大地の恵む果実を食し、きらびやかに栄えることもあり、時、変われば忽ちにして生命ははかなく死滅するものなり。

ホメロス 「イリアス」


人間は異郷に生まれて来る。生きることは故郷を求めることである。考えることは生きることである。

ベルネ 「著作集」


人間を除くすべての動物は、人生の主要な仕事が人生を享楽することにあるを知っている。

バトラー 「随筆録」


他人のために暮らすのはもうたくさんだ。せめて、このわずかな余生を、みずからのために生きようではないか。

モンテーニュ 「随想録」


会って、知って、愛して別れていくのが、いくつもの人間の悲しい物語である。

コールリッジ 「断片」


僕はどうやらこの世における一個の旅人、一介の遍路にすぎないようだ!君たちとてそれ以上のものだろうか。

ゲーテ 「若きヴェルテルの悩み」


勤勉なる者も怠け者も、人生の半分には差がない。なぜならば、人生の半分は眠っているからなり。

アリストテレス 「断片」


友人を冷たくあしらい、やさしい言葉一つかけずに友情を死なせる者は、人生という疲れはてた巡礼の途上におけるこの上ない慰めを、わざわざ自分の手で捨て去る愚か者である。

サミュエル・ジョンソン


友情は人生の酒である。

ヤング 「夜の瞑想」


各人の一生は戦役なり。そは長期にわたる多事多難なる戦役書。

エピクテトス 「語録」


善を為すも名に近づく無く、悪を為すも刑に近づく無く、督によるを以て経となさば、以て身を保つべく、以て生を全うすべし。

「荘子」


大文字ばかりで印刷された書物は読みづらい。日曜日ばかりの人生も、それと同じである。

ジャン・パウル 「角笛と横笛」


大道行くべし、又何ぞ妨げん。

木戸孝允 「木戸孝允文書」


天地は万物の逆旅、光陰は百代の過客にして、浮生夢のごとし、歓を成すいくばくぞ。

李白 「春夜桃李園に宴するの序」


希望は頑丈な杖で、忍耐は旅の着物。この二つをもって、人は現世と墓をとおって永遠へと歩を進める。

ローガウ 「格言詩」


平凡な人生こそ真の人生だ。実際、虚飾や特異から遠く離れたところにのみ真実があるからだ。

フェーデラー 「窓辺で」


思い煩うことはない。人生は無意味なのだ!

モーム 「人間の絆」


思慮分別は人生を安全にするが、往々にして幸せにはしない。

サミュエル・ジョンソン 「怠け者」


悦びのない人生は油のないランプである。

ウォルター・スコット 「海賊」


悲惨なる人にとりては人生は短く、幸福なる人にとりては永し。

シルス 「蔵言」


81 - 100 ( 127 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ